• 采風圖
現在の場所首頁 > 展望
  • Twitter
  • Facebook
  • Plurk
  • Google+

展望

  • クリック: 4816
  • 資料の入手先:国立台湾図書館
  • 日付:2009/11/4

※ 台湾研究に関する国内の文献資料の統合
国内の各資料機関との協力体制を構築して、現在の研究資料を統合し、国内の台湾研究に関する総合目録を作成します。便利で専門的な目録や文献情報などを届け、研究者の情報ニーズに応えていきます。
※「台湾研究のデジタル図書館」を構築
文化遺産の保存と情報サービスの提供という図書館の任務を全うために、また利用者が必要とする情報をより便利に得られるように、「台湾研究のデジタル図書館」の構築を積極的に図り、世界中の台湾研究資料を完全な形でより早く容易に取得できるようにしていきます。
※ 各学術研究機関との協力の強化
各学術研究機関との協力関係を築き、文献資料、人員、および研究計画などの各方面において、学科を超えた協力を促し、共に台湾学の研究計画を推進していきます。

※ 台湾史課程教育の支援
現在の教育施策の主軸を支援するために、本館の豊富な研究資源を土台として所蔵図書と教育活動を結び付け、各学校の教員や子供たちの台湾史教育課程に協力していきます。図書館が学校教育をサポートするという社会的教育的役割を十分に発揮し、台湾研究資料を普及させていきたいと考えます。