現在の場所首頁 > 図書病院 > 概要
  • Twitter
  • Facebook
  • Plurk
  • Google+

概要

  • クリック: 11683
  • 日付:2009/11/4

当館は日本統治時代の1915(大正4)年8月9日に開設されて以来、製本室を有しています。当初の製本技術者は日本から高給で招聘され、台湾の技術者に製本技術を伝え、現在に至ります。当館は、図書文献修復の分野において、台湾の各図書館の模範、学習の対象となっています。新館当初から科学技術施設を利用した図書文献保存施設が計画されており、2007年6月に当館では台湾で初めての大量脱酸処理システム、冷凍除虫施設、製本技術を一つに組み合わせた「台湾図書病院」が設置されました。図書保健の概念、医療上の修復技術を推し進め、資料を後世に長く伝えていくことが目的とっされてい増す。

附件下載

  • 台湾図書病院紹介台湾図書病院紹介PDF檔