現在の場所首頁 > 当館について > 沿革
  • Twitter
  • Facebook
  • Plurk
  • Google+

沿革

  • クリック: 17848
相關圖片
  • 日付:2014/12/1

当館は台湾で最も長い歴史、最も豊富な蔵書を有し常に新しい資料を取り入れている國立図書館であります。市民に対するサービス、地方文献の保存、学術研究の促進、台湾の公・私立図書館への支援協力などを運営の目標としています。「台湾総督府図書館」が当館の前身です。1914(大正3)年4月14日に勅令第62号「台湾総督府図書館官制」を公布し、同年11月には艋舺にあった清水祖師廟に臨時事務所が設立され、業務の準備が始まりました。翌1915(大正4)年6月に初代館長・隈本繁吉が台湾総督府の裏にあった旧彩票局内で業務を始め、同年8月9日、市民に対する閲覧サービスが始まりました。1945(昭和20)年、旧館舎は戦争で焼失された。戦後、政権が国民政府に移すと、総督府図書館は台湾省行政長官公署が接収され、1946年には南方資料館と合併して、「台湾省行政長官公署図書館」となりました。范壽康が戦後の初代館長として、就任しました。さらに、呉克剛が二代目の館長に勤めました。1948(民国37)年5月に当館は台湾省政府教育庁の所属となり、「台湾省立台北図書館」と改称されました。これまでは省立博物館の1階で業務を行っていましたが、より広いスペースを求めたいため、九代目の館長王省吾は、新生南路の交差点の側に二階建ての新館が建設され、その次の館長劉効騫は4階まで増建しました。十二代目の館長袁金書は1973(民国62)年7月1日には行政院に教育課への移管を申し込み、館名を「国立中央図書館台湾分館」となりました。

 近年、情報化に従って、蔵書量、利用量ともに急速に増加し、従来のサービスでは耐えなくなってきたことから、十六代目の館長・孫徳彪が移転作業に着手しました。1989年、教育課に移転を許可され、林文睿が十七代目の館長であるとき(1994)に同課からの計画書を行政院へ呈出しました。1996(民国85)年に、二度目に計画書を再び呈出し、翌1997(民国86)年6月16日に台(86)教字第24623号で認可しました。2000(民国86)年1月31日に、中安街四号公園の敷地で工事が始まりました。2004(民国93)年9月15日に新館が完成
され、同年12月20日に全面的に業務をし始まります。2013年に国立図書館と昇格し、「国立台湾図書館」となりました。

 当館は総督府時代から現在に至るまで百年の歴史を有しています。この間、「台湾総督府図書館」、「台湾省行政長官公署図書館」、「台湾省立台北図書館」、「国立中央図書館台湾分館」などから、「国立台湾図書館」まで館名の変更や移管による五つの段階を経てきました。新館は現在、台湾で敷地の最も大きい公共図書館です。館内には「児童用資料センター」「視障者資料センター」「台湾学研究センター」「自習室」「新聞雑誌室」「情報検索区」「閲覧区」「視聴覚区」などが。館外には「励学」「励志」「創意」「活水」などの広場に加え、「静思長廊」「楽水区」「楽山区」などのレジャースペースが設けられています。一般刊行物のほか、台湾文献、東南アジア諸島に関連する資料、児童用資料、視障者用資料などの収集、整理、保存に力を入れています。市民に閲覧サービスを提供し、台湾文献の収集、整理、研究業務などを強化し、台湾学研究を進めるとともに、他分野との提携協力を通し、社会教育の普及を力を入れています。これにより「生涯学習」を普及する機能を発揮し続けています。